RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
サプリメントと栄養素
現代社会になぜサプリメントが必要なのか
 │
 ├ サプリメントの安全性
 ├ ビタミンA
 ├ ビタミンB群
 ├ ビタミンC
 ├ ビタミンD
 ├ ビタミンE
 ├ 葉酸
 ├ 亜鉛
 ├ カルシウム
 ├
 ├ マグネシウム
 ├ キチン・キトサン
 ├ グルコサミン
 ├ コラーゲン
 ├ イソフラボン
 ├ ウコン
 ├ カプサイシン
 ├ GABA
 ├ センナ
 ├ 乳酸菌
 ├ ヒアルロン酸
 ├ αリポ酸
 ├ サイリウム
 ├ ローヤルゼリー
 ├ 青汁
 ├ クエン酸
 ├ アントシアニン
 ├ ガルシニア
 └ サプリメントを選ぶ
author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 15:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ヘアケア【一日の抜け毛はどのくらい?】




最近シャンプーするたびに抜け毛が気になって・・・、と悩んでいる人は多いかと思いますが、誰しも1日に何本かの髪の毛は抜けていくものです。
正常範囲内での抜け毛を気にしていると、それが原因でストレスとなり、逆に抜け毛が増えてしまうこともありますよ。通常の抜け毛はどの程度なのか、知っておく必要がありますね。
髪の毛には寿命があります。
通常、男性の髪の毛は3〜5年、女性は4〜6年ほどの寿命になっていて、寿命が終わった髪の毛から順番に抜けていきます。
もともとの髪の量、また季節の変わり目、特に秋口に抜け毛の量が増えると言われていますが、平均すると1日に50〜100本程度のペースで抜けていきます。
この程度の量の抜け毛なら全く問題ないのですが、自分の髪の毛がどのくらい抜けているかなんて、分からないですよね。

浴室.jpg


少し面倒ですが、お風呂の排水溝にネットをしておき、抜け毛が流れないようにしておきましょう。シャンプーをした後に、髪の毛の本数を数えます。
普通、シャンプー1回に抜ける数の3倍の髪の毛が1日に抜けていると言われていますよ。
この作業も面倒だ、という人は、朝起きた時に枕元に付いている髪の毛の本数を数えてみましょう。40本以上ある場合は抜け毛が多いと考えて良いでしょう。
抜け毛をチェックする時は、抜け毛の状態も見ておきましょうね。
抜け落ちた毛は健康的でしょうか?
極端に細すぎる抜け毛であったり、抜け毛の太さにばらつきがあったりする場合は、頭皮の状態が弱っていることが考えられますよ。
お家でのヘアケアの参考にしてくださいね。


ヘアケア 1日の抜け毛量はどのくらい?
 ┃
 ┣ シャンプーをすると抜け毛が増える?
 ┣ 正しいシャンプー方法
 ┣ ブラッシングで抜け毛予防
 ┣ 髪に良い「乾かし方」
 ┣ リンスは抜け毛に悪影響?
 ┣ 髪も紫外線対策をしよう
 ┣ 頭皮に良い「マッサージ」
 ┣ 抜け毛予防に効く「ツボ」(1)
    ┣ 抜け毛予防に効く「ツボ」(2)
    ┗ 抜け毛予防に効く「ツボ」(3)
 ┣ 髪に関する専門用語
 ┣ 髪に大切な「睡眠」
 ┣ ストレスと髪の関係
 ┣ 髪に良い栄養成分
 ┣ 髪に良い食べ物とは?
 ┣ 育毛剤の種類
    ┣ 育毛剤を効果的に使う方法
    ┣ 育毛剤に含まれている成分(1)
    ┣ 育毛剤に含まれている成分(2)
    ┗ 髪に悪影響を及ぼす「たばこ」と「お酒」
 ┣ 女性の抜け毛
 ┣ フケとは?【フケ症の原因と対策】
 ┣ 円形脱毛症とは
 ┣ くせ毛の対策方法
 ┣ くせ毛を防ぐドライヤー方法
 ┣ 育毛シャンプーの種類
 ┣ 石鹸シャンプーとは
    ┣ 石鹸シャンプーの使い方
    ┗ 石鹸シャンプー後のリンスの仕方



author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 20:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ヒアルロン酸の働き


ヒアルロン酸(ヒアルロン酸で素肌美人)


 ┃
 ┣ ヒアルロン酸とは
 ┣ ヒアルロン酸の健康食品は安全?
    ┗ 「食べるヒアルロンさん綺麗」で美しい肌を
 ┣ ヒアルロン酸の働き
 ┣ ヒアルロン酸効果
 ┣ ヒアルロン酸と加齢
 ┣ ヒアルロン酸化粧品の真実
 ┣ ヒアルロン酸とコラーゲン
 ┣ ヒアルロン酸とコラーゲンの違い
   ┗ 「ヒアルロン酸コラーゲン」人気の秘密
 ┣ 関節痛にヒアルロン酸
   ┗ 腰痛にはヒアルロン酸と筋トレ
 ┣ ヒアルロン酸と関節
 ┣ ヒアルロン酸の種類
 ┣ ヒアルロン酸注射・注入の流れ
   ┣ ヒアルロン酸注射のメリットとデメリット
   ┣ ヒアルロン酸注射で若返り
   ┣ ヒアルロン酸注射で美容整形
   ┣ ヒアルロン酸注射とサプリメント
   ┣ ヒアルロン酸注射で豊胸
   ┣ ヒアルロン酸注入のリスク
 ┣ 天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸
 ┣ 飲むヒアルロン酸とは?
   ┣ 飲むヒアルロン酸の効果的な摂取方法
   ┣ わかさ生活「ヒアルロン酸」で潤いを
   ┣ エバーライフの「皇潤」
   ┗ スーパーヒアルロン酸配合「極潤シリーズ」
 ┣ 髪の潤いには「ヒアロモイストエッセンス
 ┣ ヒアルロン酸の目薬
   ┗ 「ロート養潤水」で瞳に潤いを
author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 16:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ニキビ痕 [大人のにきび痕と思春期のにきび痕]
同じ「にきび」という呼び方でも、大人にできるにきびと思春期の頃にできるにきびは違うものであると言えます。それはにきびができる原因というのが違うからです。ですので治し方も違ってくると思います。

思春期にできるにきびというのは、放っておいても治るものです。またよく出る場合がお菓子の食べ過ぎだったり、お酒の飲みすぎだったりしてもにきびが出てくる場合がありますが、こういった食生活や生活の乱れからくる一過性のにきびの場合も、生活を改善することですぐに治るものです。

しかし、これと違うのが大人のにきびというもので、大人のにきびは放っておいても治ってくれないのです。しかも後から繰り返してにきびが出てきてしまうので、これを止めないとにきびの連鎖から抜け出せないということになります。

大人のにきびというのは、一過性の治療を施して今できているものだけを治しても、原因から突き止めないことにはまたすぐにきびが出てきてしまいますし、痕になってしまう可能性もあります。

この大人のにきびというのは出来る要素があって、出来ているので体の調子などを整えてみることから始めないとにきびがなくなってきません。ですから、体の内側にある原因を追究し、体の調子を整えていき、肌の状態も整えていくことで完治させるようにさせていかなければならないということになります。

悩んでいてもにきびが無くなったり、にきび痕が無くなったりはしませんので専門の病院などにいき相談するようにすることをおすすめします。
ニキビ予防≫続きはこちら




大人のニキビ対策!バイオ基礎化粧品b.glen
続きを読む >>
author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 20:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
女性の病気「子宮筋腫」




子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる塊で、良性の腫瘍です。
子宮筋腫の発生の原因は明らかになっていませんが、卵巣の働きと深く関与していることが分かっています。
筋腫が他の臓器に移転することはほとんどなく、卵巣から分泌される女性ホルモンの作用によって少しずつ時間をかけて筋腫が大きくなります。
筋腫の大きさは目に見えない小さなものから、数十センチ大のものまでさまざまです。
大きくなっても生命に影響するものではなく、子宮筋腫の症状による日常生活への支障がなければ必ずしも治療が必要な病気ではありません。
子宮筋腫≫続きはこちら


女性の悩み 女性病 〜子宮筋腫〜
 │
 ├ 子宮筋腫とは
 ├ 子宮筋腫の症状
 ├ 子宮筋腫のできる場所
 ├ 子宮筋腫と診断
 ├ 子宮筋腫と手術
 ├ 子宮筋腫と薬物療法
 ├ 子宮筋腫の原因
 ├ 子宮筋腫と不妊
 ├ 子宮筋腫の予防
 ├ 子宮筋腫と経過観察
 ├ 子宮筋腫とホルモン療法
 ├ 子宮筋腫と過多月経
 ├ 子宮筋腫と子宮全摘出手術
 ├ 子宮筋腫と漢方
 ├ 子宮筋腫の種類
 ├ 子宮筋腫と妊娠
 ├ 子宮筋腫と内視鏡手術
 ├ 子宮筋腫と再発
 ├ 子宮筋腫と集束超音波治療
 ├ 子宮筋腫と子宮動脈塞栓術
 ├ 子宮筋腫と生活習慣
 ├ 子宮筋腫と子宮肉腫
 ├ 子宮筋腫と子宮内膜症
 ├ 子宮筋腫と医師
 ├ 子宮筋腫とタレント
 ├ 子宮筋腫と手術の費用
 ├ 子宮筋腫が発生しやすい女性
 ├ 子宮筋腫と合併症
 ├ 子宮筋腫と体験談
 └ 子宮筋腫と子宮腺筋症



author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 09:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
糖尿病「生活習慣病とメタボリック症候群」
「メタボリック」や「生活習慣病」という言葉は、最近では、子どもでも知っているくらい定着してきました。でも、その内容については、よくわかっていないというのが現状です。
「メタボリック症候群(シンドローム)」とは、内臓脂肪型肥満よって、いろんな病気にかかりやすくなっている状態をいいます。
「生活習慣病」とは、「糖尿病」「脳卒中」「心臓病」「高脂血症」旅「高血圧」「動脈硬化」「肥満」などの総称です。
これらの病気は、個別の原因で発症するのではなく、肥満、とくに内蔵脂肪型肥満が根本原因だと考えられています。
また、それは、毎日の良くない生活習慣の積み重ねから、そうなってしまうことから、「生活習慣病」と名付けられました。
日本人の死因の3分の2近くが、この生活習慣病で、年々その割合が増加傾向にあるということですから、無関心ではいられません。
では、その中で、特に最近、増加傾向にあるという「糖尿病」とは、どんな病気なのでしょうか?
一言で言うなら、「血糖値」が高くなる病気です。
私たちは、食べ物を消化吸収することで、活動エネルギーを作り出しています。
食べ物中の栄養素にはいろんな種類がありますが、その中の「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」『三大栄養素』といいます。
その中で、エネルギー源の中心となるのが「炭水化物」です。
炭水化物は、体内で消化・吸収されると、「ブドウ糖」となって肝臓へ送られます。そして、脳や筋肉で利用され、残りのブドウ糖は肝臓内にグリコーゲンとして蓄えられます(余った分は脂肪になります)。
体が活動して血液中のブドウ糖を消費すると、グリコーゲンが分解され、再びブドウ糖となって血液中に放出されます。
このようにして、活動エネルギーが常に維持され、血糖値は一定の範囲内におさまっています。
「インスリン」は、すい臓で作られるホルモンで、体内の細胞が血液からブドウ糖を吸収する手助けをします。
つまり、インスリンはブドウ糖のメッセンジャーというわけですね。
ですから、そのインスリンが不足したり働きが悪くなったりして、ブドウ糖がうまく細胞に運ばれなくなると、筋肉や内臓がエネルギーを吸収できなくなります。
そして、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなり、その状態が継続する病気が「糖尿病」です。

お腹が出てきた・・トホホの人に贈る、

美味しく健康的な食事コントロール【美味しく健康ボックスCCB】





続きを読む >>
author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 18:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
女性特有の病気『更年期障害』
女性特有の病気「更年期障害」

「更年期」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
更年期とはホルモンが大きく変わる時期のことをいい、このときに身体的にも精神的にも不調をきたしてしまうことを更年期障害と言うように呼んでいます。多くは女性に更年期障害の症状が現れるようです。

更年期になってしまったと思ってしまうと女性としての自信そのものを無くしてしまったり、そのことに対して否定的になりたくなってしまったりするために更年期障害の症状が辛くても一人で悩んでしまう人が多くなります。

ですから、悩む前にまず自分が更年期なのかどうかをチェックする必要があると思うのです。

下記に更年期障害の症状をいくつか挙げてみましたのでご自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

更年期障害について≫続きはこちら



続きを読む >>
author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 17:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
髪を育てる育毛シャンプー
髪の保護のため、一般のシャンプーを利用される方は多いでしょう。
しかし、一般のシャンプーは髪の保護や補修を目的として販売されています。
一般のシャンプーは、石油系・石けん系・高級アルコール系・アミノ酸系などがあります。
石油系・石けん系・高級アルコール系のシャンプーは、頭皮の脂性の多い・もしくは普通の人向きのシャンプーです。
アミノ酸系のシャンプーは頭皮への刺激が少なく、皮脂を取りすぎません。
育毛シャンプー≫続きはこちら





育毛シャンプー「薄毛の悩み〜髪よ育て!育毛シャンプー」
 │
 ├ 育毛シャンプーとは
 ├ 正しいシャンプーの方法
 ├ 薄毛の原因
 ├ AGA(男性型脱毛症)
 ├ 育毛剤・養毛剤・発毛剤
 ├ 人気のある育毛シャンプー
 ├ 毛髪の構造
 ├ 育毛クリニック
 ├ 円形脱毛症
 ├ 髪のサイクル
 ├ 脂漏性脱毛症
 ├ トリコチロマニア(脱毛癖)
 ├ 女性の脱毛症
 ├ 薄毛と喫煙の関係
 ├ 薄毛と生活習慣
 ├ 人気のある女性用育毛シャンプー
 ├ 女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い
 ├ 育毛と増毛の違い
 ├ かつら・ウィッグの種類
 ├ かつらのケア方法
 ├ 抗がん剤と脱毛の関係
 ├ ヘアーカラーリングの種類
 ├ ヘアーカラーリングのかぶれ
 ├ ヘナ商品でのトラブル
 ├ 植毛
 ├ くせ毛の原因
 ├ 日本毛髪協会
 ├ 育毛のための食生活
 ├ 皮脂の役割
 └ 秋の抜け毛


author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 12:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
デトックスで健康な体を保とう
デトックス健康法

人間の身体の中には、様々な物質が取り込まれています。
酸素や二酸化酸素はもちろん、窒素、水素、鉄、カルシウム……それら全てが身体の資本となり、人間の身体を作り上げているのです。
ただ、体内へ取り込まれるもの全てが、体の一部となる、健全な物とは限りません。
中には、身体にとってむしろ悪影響を及ぼしてしまう物もあります。
一般的に、毒素と呼ばれる物質です。

人間は社会で生きていく上で、どうしてもそういった毒素と呼ばれる、主に化学物質の一種を取り込んでしまう事になります。
その毒素のほとんどは、重金属、合成化合物と呼ばれるものです。
これらは、少量であれば人体に及ぼす影響もほとんどありません。

実際、少量でも大きな悪影響を及ぼすような事があれば、人間は生活できませんから。
しかし、これらが毎日摂取され、蓄積し、体内に溜まっていけば、それはとても健全な状態とはいえませんよね。
そのような状態では、いつか体のどこかに、あるいは全体に、何かしらの症状が発生する可能性は否定できません。

このような、体内に溜まってしまう毒素を、体外へと排出させようという動きが最近活発になっています。
その健康法の事を、デトックスといいます。
デトックスは「detoxification」という英語の短縮形「detox」からつけられた呼び名です。
「detoxification」には「取り除く」「解毒」といった意味があるので、デトックスという呼び名はそのままと言えばそのままですね。


ご存知でした?人間は酵素無しでは生きられないこと。活きた酵素を補う『エンザイム-X』・『エンザイム-X バイオ』Healthy Wave


デトックス健康法(1)【食事、毒素、岩盤欲】
 │
 ├ デトックスとは?
 ├ デトックスの効果
 ├ デトックスの方法
     ├ 食事(野菜)
     ├ 食事(穀物)
     ├ 毒素(有害ミネラル)
     ├ 毒素(アルミニウム)
     ├ 毒素(鉛)
     ├ 毒素(水銀、ヒ素)
     └ 毒素(カドミウム、ニッケル)
 ├ 食事(魚介、海草、寒天)
     └ 食事(食品、調味料)
 ├ サプリメント
     ├ サプリメント(アミノ酸、ウコン)
     ├ サプリメント(亜鉛)
     ├ サプリメント(αリポ酸)
     ├ サプリメント(食物繊維)
     ├ サプリメント(水、ミネラルウォーター)
 ├ マッサージ(リンパ液)
     └ マッサージ(リンパ腺)
 ├ 岩盤浴(温泉)
     ├ 岩盤浴(石)
     ├ 岩盤浴(遠赤外線)
     ├ 岩盤浴(遠赤外線2)
     └ ゲルマニウム温浴
 ├ キレーション
     └ キレーション療法
 ├ 断食
 ├ お茶
 └

今話題の酵素ダイエット!消費された体内酵素を補い、理想の体型作りをサポート。
Healthy Wave

author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 11:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
総合失調症とは
strong>統合失調症という病名を御存知の方が、果たしてどれくらいおられるでしょうか。
恐らくはあまりいないのではないかと思います。
というのも、この病名はつい最近生まれたものだからです。
2002年までは、統合失調症ではなく「精神分裂病」と呼ばれていました。
この「精神分裂病」という病名は、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
総合失調症≫続きはこちら

デトックスティー金の美茶


統合失調症とはどんな病気
 │
 ├ 統合失調症という病気
 ├ 歴史【1800年代】
     └ 歴史【1900〜2000年代】
 ├ 有病率
 ├ 身近な病気
 ├ 原因は仮説ばかり
 ├ ドーパミン仮説とグルタミン酸仮説
 ├ 神経発達障害仮説、心因仮説など
 ├ 分類
     ├ 妄想型
       ├ 被害妄想
       ├ 関係妄想
       ├ 宗教妄想
       ├ 血統妄想
       ├ 注察妄想・追跡妄想
       ├ 誇大妄想
       ├ 心気妄想・被毒妄想
       └ 嫉妬妄想・恋愛妄想
     ├ 破瓜型
     ├ 緊張型
     ├ 残遺型
     └ 単純型
 ├ 症状は多種多彩
     ├ 陽性症状
     └ 陰性症状
 ├ 幻聴
 ├ 幻覚・幻視
 └ 薬物療法
     ├ 心理療法
     └ 作業療法
 



 
author:記録の細道, category:カラダの細道《健康・医療・エステ》, 13:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark