RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ランドクルーザー「ランクル100の魅力」

ランクル100の魅力

トヨタのランドクルーザー。 現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されています。 
ランドクルーザーの100系が販売、モデルチェンジされたのは1998年1月ですが、前モデルは60系となります。
 60系もマニアに高く指示されている車種で人気が高いですが、100系の魅力について考えていきましょう。 ランドクルーザーは「ランクル」という愛称で親しまれていますが、「ランクル」は数多いRV車の中で、その価格からも伺えますが機能面や安全性でも最高級クラスと言えます。
こだわりを持った「ランクル」ユーザーに好まれ、愛用されています。 100系は伝統のある悪路走破性、機動力、耐久性を更に進化させ、又、プレステージ性や安全性についても最高品質を実現しています。 
RV車としての機能も十分ですが、どちらかと言うとランクルはSUVを意識したモデルではないでしょうか? 
悪路走行を楽しみたいユーザーにも、街中クルーズを目的としたユーザーにも高い評価を受けており、ランクルはこの先も長く人気を持続するでしょう。 100系にはワゴンとバンがあり、ワゴンは3列シートの8人乗り、バンは2列シートの5人乗り仕様になっています。
 共にセカンドシートのリクライニングや脱着機能による多彩なシートアレンジが可能です。 
ランドクルーザーのエンジンはワゴンが4.7リッターのV8DOHC32バルブ、バンには4.2リッターインタークーラー付EFIディーゼルターボを搭載しており、パワーは十二分です。 

  ┃
    ┣ ランクル200系


author:記録の細道, category:自動車・バイク関連, 05:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
世界最高SUV。ランクルに乗ろう
トヨタ自動車 
世界最高SUV ランドクルーザー 【ランクルの魅力】  

トヨタのランドクルーザー。
現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されています。


rankurubanar.jpg


人気ブログランキングへ

author:記録の細道, category:自動車・バイク関連, 20:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自動車・バイク関連 《中古車の購入費用》
中古車であっても、決して安くない買い物です。
誰もが予算を決めて買い物に来るはず。 多くの人が中古車選び大切にしているのが、自分の欲しい車と値段決めると思います。 中古車jpg

値段を決めてから購入しているはずなのに予算オーバーになっている人が多いのです。

 その理由は諸経費にどれくらいのお金がかかるか知らないために、予算ぎりぎりの中古車を選んでしまっているからです。
 購入する前にどんな費用があるのか知っておくことが必要です。

 ではどのような費用がかかるのかチェックしましょう。 まずは車検です。車を維持する中で一番お金がかかる部分です。 車検が何年残っているかは、表示されているところがほとんどですがない場合は確認しましょう。 次に税金です。

 自動車税・自動車取得税・自動車重量税・消費税です。 自動車重量税は車検が残っている場合、支払う必要はありません。 まだ、車検が残っている車の方がお得ですね。 
また登録費用・車庫証明法定費用も必要です。 販売店によっては整備費用を別途請求されることがあるので注意しましょう。 色々な費用がありますが、販売店で決められている価格も多くあり、販売店によって車両の本体価格以外異なってくるので、購入する際はい色々比べて決めた方がよさそうです。

  本体価格は安いと思いきや諸費用でかなりの高額なったという話もよくあります。

 諸費用で利益を出そうとする販売店もあるのでよく聞いてから、契約するように気をつけましょう。 中古車選びの際は予算より少し安めの車を選ぶことで、予算オーバーを防ぎましょう。 







author:記録の細道, category:自動車・バイク関連, 00:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
(自動車) ランクル200の走行性能
2002jpg2007年、フルモデルチェンジをしたランドクルーザー200系の悪路走破性や一般道の走行性についてはどうでしょうか?

 前モデルの100系では、ユーザーからの不満が多かったのはRV車なのですが悪路走破性であった様です。 

理由としては100系からフロントのサスペンションが独立懸架となった為なのですが、今回の200系ではその反省からオフロード機能が大幅に強化、改善されています。 
また新しく搭載されたオフロード機能としては、3段階ある「クロールコントロール」と言う自動スピードコントロール機能ですが、悪路や傾斜のきつい上り坂、下り坂でも安全に走行が出来ます。
 市街地など一般道の走行においても、車重が2.5トンもある車とは思えないほどハンドリングが楽しく仕上がっています。 

オンロードでランクルを楽しむユーザーも多いと思いますが、前モデル同様、それ以上に進化していると言えるでしょう。 高価な車である為、気軽には買い換えや新規購入できないと思いますが、一度ご検討されてはいかがでしょうか? 

ランドクルーザーは、100系のみならず、80系、60系と歴代も市場では未だ大変人気の車種であり、ランクルからランクルへ乗り換えるのであれば、かなり下取りも高く引取ってくれる場合が多いです。
 オン、オフ両方の機能を兼ね備えた高級SUVとして確固たる地位を誇示しているランドクルーザーは、一度はユーザーとなってみたい車ではないでしょうか。




author:記録の細道, category:自動車・バイク関連, 19:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark